大阪人の特徴を知って仲良くなろう!|仲良くなる基本テク

HOME  >  仲良くなる基本テク  >  大阪人の特徴を知って仲良くなろう!

大阪人の特徴を知って仲良くなろう!

大阪人には、他府県民には見られない数々の特徴があります。それらを知ることも、大阪人とうまくコミュニケーションをとるためには大切と言えます。

そこで大阪人の代表的な特徴を下にまとめてみました。ぜひ参考にしてください。

東京はライバル視しているが、標準語は気にならない

東京をライバル視する傾向にありますが、標準語で話す人を嫌うことはありません。気にせず話してみましょう。

たこ焼きの作り方を聞かれると嬉しい

同じ関西でも京都人には見られないことですが、大阪では一家に一台、たこ焼き器があると言っても過言ではありません。もちろんそれぞれが作り方にこだわりを持っているため、それを披露したがる傾向にあります。「あなたのたこ焼きのこだわりは?」と、何気なく聞いてみるのも面白いでしょう。

ジャイアンツファンが嫌いというわけではない

ジャイアンツを嫌う傾向にありますが、ジャイアンツファンが嫌われることはありません。あからさまに阪神の悪口を言えばケンカになることもありますが、巨人ファンに対して特に嫌な気持ちを持っているわけではないでしょう。

ただし、巨人ファンであることを公言するのは避けるべきです。ファンであることは良いのですが、「お前、ここ大阪やぞ。空気読めよ…」と思われる可能性があります。

全員が面白いというわけではない

当たり前のことですが、総じて大阪人は面白いものというイメージがあるものの、全員というわけではありません、無理に突っ込みを要求することなどは止めておきましょう。

作った大阪弁はすぐにばれる

大阪弁の真似をしても無駄です。すぐにばれるだけでなく、徹底的に嫌われる場合もあります。大阪は東京と違い、地方の方言を下に見ることをしません。安心して自分の言葉を使ってください。

何が何でも「たこ焼き」はダメ

「大阪人=たこ焼き」と思ってはいけません。他にも美味しいものはたくさんあります。

世話を焼くのが好き

世話焼きが多いですが、他府県民からすれば「ありがた迷惑」なこともあります。「お気遣いありがとう。何かあったら協力してね」という感じで、やんわりと断っておきましょう。


いかがでしょうか?まだ他にもたくさんありますが、代表的な特徴をまとめてみました。上記を参考に、各々が「こう接すれば良いのかな?」と考えるようにしておきましょう。

大阪人は他人を拒むことを嫌います。また壁を作ることも嫌がります。最初は戸惑うことも多いと思いますが、慣れれば優しい人たちであることが分かるでしょう。