Category : 実践!初対面の人でも仲良くなる基本テク

初対面からニックネームで呼ぶのが大阪流

大阪の人はとても気さくでフレンドリーです。性別や年齢が違っても誰でも仲良くコミュニケーションを取ることが出来ます。ここでは、そんな大阪人から仲良くなるテクニックを学んでいきましょう。

初対面からニックネームで

大阪の人は、初対面からニックネームをつけます。「初めまして。佐藤かおりです。」と自己紹介をしたと思ったら、次の瞬間にはかおちゃんと呼ばれ、普通に会話がスタートするはずです。初対面から勝手に呼んで失礼と思う方もいるかもしれませんが、大半の人が親しみやすく、フレンドリーな人と思うでしょう。

この初対面からニックネームで呼ぶということは、出会ってすぐに相手との距離を縮ませることができます。最初は苗字からさん付けで、ちゃん付けに変わって…という段階ではとても時間がかかってしまいます。大阪人は普段から何気なくやっていることですが、コミュニケーション術として活用できます。

ニックネームをつけたら会話に交えて

最初にニックネームをつけて安心してはいけません。せっかくニックネームをつけたのに、呼ばなければ意味がなくなってしまうからです。

ニックネームを会話にどんどん交えていきましょう。「かおちゃんはさ…」と言葉の頭につけるたり、「かおちゃんはすごいね!」と相槌に入れたりするだけで大丈夫です。会話にたくさん交えていくことで、最初は相手も驚いていてもスッと入っていくことができるでしょう。また、会話にもスムーズさが生まれ、相手の警戒心も取り払うことができるはずです。きっとニックネームが定着するころには、仲良くなっているのではないでしょうか。

自分もニックネームで呼んでもらう

相手にニックネームをつけたわけですから、自分も相手からニックネームで呼んでもらいましょう。「俺は、こうちゃんって呼んで」とニックネームを決めておくと相手も呼びやすいですね。また、相手にどう呼んでもらうか考えてもらうのも良いかもしれません。

ニックネームを呼び合うことで、親しみが生まれ仲良くなることができます。特に女性と仲良くしたいときに使うと効果的ですね。大阪人から学んだコミュニケーション術で、仲良くなり、一夜を共に過ごすこともあるでしょう。そんな時、うまく会話しなければと過度な緊張をすると、男性はいつも通りの元気を発揮できないかもしれません。メンタルからくるEDという症状が心配な方は、事前に専門のクリニックで治療薬を処方してもらいましょう。精神的なものが要因となる場合、いつ起こるかわからないので準備をしておくことが大切です。せっかく仲良くなれた女性ですから、楽しい一夜を共にしましょう。

最初にニックネームで呼ぶというテクニックは、恥ずかしかったり、相手にどう思われるかが気になったりするので難しいと感じるかもしれません。しかし、大阪人のような思いっきりさが必要なときがきっと来るでしょう。普段から気軽にフレンドリーに人と接していれば、簡単に相手との距離を縮めることができます。このテクニックを使って、より良いコミュニケーションをとっていきましょう。

Recommend