Category : すぐに使える関西弁で空気を変える

そもそも関西弁の起源って?

標準語と並ぶ勢いの認知度を持つ関西弁。関西人ではない方もコミュニケーションをとるうえで、自然と使っている場面が多々あると思います。ところで皆さんは、こんなにも身近な関西弁の起源ってご存知ですか?

もしかすると関西出身の方の中にも物心ついたときから使ってはいるものの起源は知らない…、なんて方がいるかも。ここでは、関西弁の起源についてご紹介していきます。関西弁の起源を知ることでより関西弁が面白く感じ、さらに興味がわいてくるはずです!

関西弁のはじまりは京都の御所言葉

奈良時代から江戸時代頃までの日本の文化・経済の中心は関西でした。関西弁のはじまりは京都の御所言葉(京言葉ともいう)から、というのが濃厚だと言われています。江戸時代中期までは、御所言葉が中央後、つまり標準語として使われていました。

江戸時代までは関西弁が標準語だった?

しかし、江戸時代後期になると江戸の町人文化が発展、日本の文化や経済の中心が、大阪から江戸に変わりました。それにより江戸では江戸言葉なるものが出てきます。そのため現在のように関西弁と標準語が大きく使われるようになったと言われています。

そこから地方ごとに変化が生まれ"大阪弁"が誕生

御所言葉から始まった関西弁ですが、広まっていく際に地域ごとの変化が生まれていきました。大阪弁の場合は、大阪は、天下の台所と称されるくらい商業の町として栄えた江戸時代から近代初期、商いを行っていく上で丁寧な言葉遣いが求められていきました。

そこで当時の商人たちは、御所言葉を多く取り入れつつも、より親密なコミュニケーションをとるために、独自の表現などを持ちいりました。大阪弁の特徴は、相手の職業などによっても言葉を使い分けます。関西弁を使わない地域の方からしたら地方ごとの違いは早々分かりにくいと思いますが、関西人はほんの少しのニュアンスだったりアクセントだったりでどの件の人か見分けることが出来てしまうそうです!

"似非関西弁"はすぐ見分けがつく!?

時代背景と共に生まれた関西弁ですが、多くの特徴があるので似非関西弁はすぐに見分けがついてしまうそうです。一つ目は、アクセント。標準語とアクセントの部分が異なる言葉が多いので、基本的にアクセントで似非関西弁かどうかは一目でわかってしまいます。二つ目は、関西弁は1文字目の単語を長く伸ばすことが多いです。例えば、「手が痛い」→「手―痛い」となります。三つ目は、「~しよう」という言葉の時には「う」が基本的になくなります。「遊ぼう」→「遊ぼ」、「寝よう」→「寝よ」となります。四つ目は、関西弁は語彙が非常に豊かで、例えば「凄い」を表す言葉でも「めっちゃ」「めちゃ」「むっちゃ」「むちゃ」と様々なのとそれぞれ微妙に気持ちの度合いが変わってきます。

いかがでしたか?こんなにもよく耳にする関西弁ですが、改めて起源を知るとさらに面白く感じますね。江戸時代後期まで中央語として使われていた関西弁が、廃れることなくむしろ現在の標準語と肩を並べるくらい使われているなんて。さらによりよりコミュニケーションを図るのに親しみやすさのある関西弁を活用していきましょう。むしろ、この関西弁の起源を交流の際、話のネタにしてもいいかもしれません。

Recommend