エセ関西弁は嫌われる? | 大阪人気質

HOME  >  大阪人気質  >  エセ関西弁は嫌われる?

エセ関西弁は嫌われる?

大阪に行くと、関西弁の人たちばかりなので関東人でも関西弁を使わなければ、と思ってしまうのではないでしょうか。また、コミュニケーション力を真似しようと関西弁を使うことも。しかし、それは大阪の人からすれば嫌なことかもしれません。ここでは、そんなエセ関西弁の中でも気を付けたいワードを紹介していきます。

関西弁の定番「なんでやねん!」

今は、テレビで関西芸人が出ていることが当たり前で、定番のフレーズ「なんでやねん!」というつっこみは全国区になっています。関西人でなくとも、つっこむときに誰でも使いやすい言葉という認識があるのではないでしょうか。

しかし、ちょっと待ってください。イントネーションは合っていますか?関西弁は独特なイントネーションがあり、関東の人には少し難しいものです。なので、この一言だけでも大阪人は「ああ、エセ関西弁だ。」という判断ができてしまいます。イントネーションはもちろん、話すスピードなども関係しているので、関西人に使うのは練習してからにしましょう。

アニメから広がった「せやかて」

これは、アニメ名探偵コナンから広まったセリフ、「せやかて工藤…」から使う人多いようです。実は、せやかてと使う人はほとんどいないのです。これは一瞬でエセ(もしくはコナン好き)と思われるので、やめておくのが吉です。

せやかてを標準語にすると、「だけど」です。だけどを関西弁にしたいのであれば、「せやけど」を使いましょう。このようにテレビやインターネットなどから広まった言葉は、普段使われない言葉だったり、イントネーションが違ったりすることがあります。関西弁を大阪人の前で使いたいときは、関西弁を教えてほしいと言った方が良いかもしれませんね。

「あほ」はいいけど「ばか」はダメ

関西弁では、「あほ」という言葉を多用します。つっこむときもそうですが、何気ない会話で、「お前あほやな~。」と気軽に使っているのを聞いたことがあるのではないでしょうか。大阪では、挨拶と同じくらいの頻度で言っているほど使われる言葉です。

それに対し、関東では「ばか」を多用します。このばかという言葉、関西人に使うのはおすすめしません。関西人にとってばかという言葉は、傷つく言葉です。あほはあんなに使うのに、なぜ?と思いますが、地域性の違いでしょう。逆に関東人はあほと言われる方が傷つく傾向にありますね。関西では「あほ」、関東では「ばか」と分けて使っていくとよいでしょう。

なんでもかんでも「○○ねん」

これは、どんな言葉でも語尾に「○○ねん」と付けることです。関西弁として1番わかりやすく、真似をすることも簡単でしょう。もちろん「ねん」はよく使われています。しかし、なんでもかんでも付けてはいけません。 「寒かっただろねん」、「熱かったやでねん」など不自然すぎる語尾はエセ関西弁としてイラッとさせてしまうでしょう。

いかがでしたか? 関西弁を真似して使っていたけど、実は違っていることがあります。言葉というよりはイントネーションが難しいのではないでしょうか。関西弁を関西人の前で話すときは、注意が必要です。もし使いたいときは、その人に教えてもらうと良いかもしれませんね。